top of page
  • 株式会社サカエ

解体工事のQ&A

更新日:2023年1月12日



Q.見積りだけでも可能ですか?


A.可能です。

  弊社では御見積のご依頼から現地調査、御見積のご提示まで無料で行っております。

  お気軽にお問い合わせください。



Q . 遠方にいますが、建物の解体依頼をお願いできますか?


A. ご依頼内容は電話・メールでも確認させて頂きます。

  現地の住所と解体する建物を確認させて頂いた後、お客様が立会いの下株式会社

   サカエのスタッフが現地調査を行います。 

  建物や内部のお写真がございましたら現地調査前に送付いただければ助かります。

  近隣の方へのご挨拶も株式会社サカエのスタッフが行いますので、ご安心ください。

   解体解体工事前、工事後にお写真をお撮りして、お客様に必ず確認して頂きます。



Q. 解体工事の補助金はありますか?


A. 行政により補助金は異なりまりますが、株式会社サカエで確認させていただきます。

  


Q. アスベストが建物に使用されているので解体に心配です。


A. アスベスト使用の建材には危険度によってLv1~Lv3のランク分けがされています。

   各ランクによって解体撤去時の養生・作業手順が異なります。

   株式会社サカエのスタッフ(建築物石綿含有建材調査者)がアスベスト部材の事前

調査をし、法令に則った必要な手続き・手配、撤去処分まで行います。



Q. 少しでも解体費用を安くするにはどうしたらよいですか。


A. 解体する解体する建物の中の物や庭の不要物の撤去をお願いします。

余分な処理費用も抑えることができますし、何より工期の遅れを防止できます。



Q. 室内に不用品の処理方法が分からないです。


A. 一般廃棄物:お客様で運搬可能なら、行政の清掃担当部署へ連絡をして処理されると

安く処理できます。



Q. 電気・ガス・水道・ケーブルTVなどライフラインはどのようにしておけばいいですか?


A. 電気メーター・線の撤去、ガスメーターの撤去、ガスボンベの回収、水道廃止、

ケーブルTV線・電話線の撤去などは、個人情報確保の為、お客様にて各関係会社に 解約・撤去手配お願い致します。



Q. どのような場合に追加工事が発生しますか?


A. 想定されていなかった地中埋設物が出てきた場合、当初残す予定だったブロック塀を 撤去することにした場合など、最初にご提示した御見積内容と異なる作業が必要にな る場合に追加工事が発生します。



Q .隣地との隙間がほとんどない家屋でも解体できますか?


A. 解体出来ます。

   通常、建物は重機を使用して解体しますが、隣地構造物と接近しすぎている部分に

ついては手作業で慎重に解体し、隣地の構造物に影響が及ばないように作業を行いま す。



Q. 工事中の騒音等で近隣さんにご迷惑がかかることが心配です。


A. 解体作業に使用する重機等の機材は、低騒音・低振動型のものを採用しております。

   所定の時間内での作業終了を心掛け、近隣の方に極力影響が出ないよう努めていま す。



Q. 万一、隣の建物に傷がついた場合はどうなりますか?


A. 株式会社サカエでは万一に備えて工事賠償保険に加入しておりますのでご安心

  ください。



Q. カーポートだけ撤去して欲しいのですが、可能ですか?


A. もちろん可能です。

   門扉や門扉や外溝、塀だけといった部分的な解体工事も承っております。



Q. 解体工事後に駐車場・カーポート設置して欲しいのですがそこまでしていただける

のでしょうか?


A. 駐車場工事・カーポート設置を行う事が可能ですのでなんなりとご相談ください。



Q. 解体が終わった後、するべきことはありますか?


A. 建物を解体した場合、法務局への滅失登記申請が必要になります。

   工事完了後に取り壊し証明書を発行させていただきますので、取り壊し証明書を

持って法務局で手続きしてください。気軽にご相談ください。

   また、何らかの理由でお客様自身で申請が出来ない場合は、株式会社サカエが業者を

   紹介することもできますのでお気軽にご相談ください。



Q. 解体工事会社の選び方はありますか?


A. 解体工事は、請負金額に関係なく無許可では工事ができません。

   解体工事業許可・産業廃棄物収集運搬許可・産業廃棄物処分業許可を持っている

   株式会社サカエにお任せください。






Komentáře


bottom of page